イベント事に対するストレス耐性は低いままなんだな。

隣市で深堀隆介展が開催されているとの情報を得た。

7-8年前にテレビで深堀隆介氏の金魚のアクリル樹脂作品を見て以来、いつか生で見てみたいと思っていたので、これ幸いと、先日、妻と一緒に行って来た。

基本的に作品の撮影は禁止だが、いくつかの作品は撮影が許可されていて、冒頭の写真はその一つである。

アクリル樹脂作品ではこれだけが撮影許可されていた(と思う)。

本物と見紛うばかりの完成度。

これが、人手によるものとは驚愕である。

と、念願が叶い満足だったのだが、この日は宿直明け。

あまり眠れてなくて睡眠不足。

疲労感と倦怠感も強く、駆け足での鑑賞とならざるを得なかったのが残念。

本当は一つ一つの作品をじっくりと見たかった。

しかも、その時のダメージが意外に大きかったようで、1週間ほど引きずってしまった。

それで、ブログ更新もままならなかった。

薬物治療でだいぶ双極性障害の症状は軽くなってるとはいえ、イベント事に対するストレス耐性は低いままであることを再認識。

一昨年、大相撲観戦に行った時も思ったが、芸術鑑賞に関しても、私の場合はテレビで見てるぐらいがちょうどいいのかもしれない。

海外旅行も行きたくはあるが、車で1時間ちょっとのイベントに参加する程度でこんなにダメージを受けてたら話しにならない。

Googleマップで海外の街をぶらぶらするかな…

広告

シェアする

広告